10月のもう1つの誕生石 オパール

October, 04, 2014 /  天然石 誕生石 
blog_141003_opal
Opal

トルマリンの他にオパールも10月の誕生石です。

オパールと聞いて多くの方が想像するのは、オーロラのように様々な色を放つ遊色効果(play of color)のあるものだと思いますが、それは数あるオパールの一部でプレシャスオパール、ノーブルオパールと呼ばれています。
遊色効果がなくても地色が美しいものはコモンオパールという種類に分類され、ピンクオパール、イエローオパールなどがそれにあたります。
そしてオパールは宝石の中で唯一水分が含まれいているということも大きな特徴です。
加工前に充分に乾燥され、その乾燥に耐えられたものだけが宝飾品などになります。

石言葉

希望・無邪気・潔白・幸福

産地

オーストラリア、メキシコ、ブラジルなど

カラー

白、黒、ピンク、黄色、青、緑など

ウォーターオパール

地色が無色透明に近いメキシコオパールで、水滴を垂らしたような透明感が特徴です。

ファイヤーオパール

ファイヤーオパールのファイヤーは遊色効果のことを指すのですが、無遊色であっても地色が赤〜オレンジ系の色のものもファイヤーオパールとして流通しています。

ボルダーオパール

オーストラリアのクィーンズランド州で産出され、堆積鉄鉱石の隙間にオパールが作られている、同じ色・模様がほとんどないという個性的なものです。

オパールの美しさは日本では特に人気があり、遊色効果のあるオパールは角度によって様々な色が見られ、見ていて飽きません。

当店でもプレシャスオパールやコモンオパール、珍しいボルダーオパールを使ったアクセサリーをご用意しています。

当店のオパールを使用した商品はこちら

 オパール使用商品一覧